マンション管理会社に就職する管理人のメリットとデメリット及び年収

マンション管理人に関しての基礎知識

マンション管理人と言いますのはマンション管理会社より配置されます。マンションを取り仕切っているマンション管理会社の社員という形で採用され、管理下に置くマンションに送り込まれます。正規雇用社員での雇用はあまりなく、契約社員、あるいは嘱託それから、アルバイトであることが少なくありません。人材派遣会社サイドより派遣されるケースもあります。原則としてマンション管理会社へ出社しないで、現場のマンションに直行直帰する勤務スタイルを採用している会社が多いです。

マンション管理人になるメリットとデメリット

マンション管理人のメリットとしまして、まず第一に、社員募集で資格、あるいはキャリアが問われることなく、就職や転職が容易な業種と言えるでしょう。それに加えて、デスクワーク並びに点検に関する業務がメインであることから、基礎体力が無い人も継続しやすいといえるでしょう。残業があまりなく、プライベートとのバランス状態をうまくとりたい方にとっても望ましいと言えます。住居者、あるいは来訪者ではない人と関わらず、1人で動く時間が多いため、自分自身のテンポで勤めたい方にも奨励できます。デメリットとしまして、クレーム対応がありまして、プレッシャーを感じる人もいます。一部には、マンション管理人の権利ではカバーできないクレームもありまして、理不尽におもうこともあります。居住者間の紛争の仲裁に入らなければならないこともあるので、住居者との相性によりましてはメンタル的な負荷が大きくなると言われています。また、不審者、あるいは震災時には円滑に手段を講じる必要があり、負担を感じる方もいるでしょう。他には、正規雇用社員での雇用が少なく、安定感がある年収で日々の生活を送りにくいといったウィークポイントがあります。加えて、非常に多くの求人は高卒や第二新卒それから、アルバイターなど、広範囲に及ぶ学歴の人を受け入れていますが、年収額が少なく人生経験があり、トラブルに対応できる高齢者が優遇されることが多いといえます。

マンション管理人の得られる給与に関して

希望者があふれてくるのは、やはり資格やキャリアを問われず、中高年であっても務まるからと考えられます。そのせいもあり、年収は低いといえます。大手管理会社のケースでは、一週間あたり40時間勤務の状態で月給15万程度になります。年金受給者が非常に多いことから、年金を減らされないくらいの給与ということで、賃金が抑制されています。管理人の多くのケースは管理会社の下請けにアルバイトという形で採用されることが多いので、労働時間など就業条件も必ずしも恵まれていません。

記事一覧