マンション管理会社への全部委託と一部委託の仕事内容と相違点

マンションの管理においての全部委託及び一部委託

全部委託と言いますのは、マンション管理に関する業務をひとつのマンション管理会社に対して一切合切お任せすることを言います。管理会社に委任する仕事内容として、清掃業務、さらにエレベーター並びに消防設備といった点検に関する仕事内容などがあります。管理運営にあたっては国の法律の専門的な知識が求められたり、換気ダクト並びに配水管などの清掃テクニックが求められたりすることもあります。以上のようなケースでも、マンション管理会社を介して業者と契約します。それに対して、業務の一部分を管理会社に委任する、一部委託というメソッドもあります。一部委託につきましては、管理組合が可能な業務は管理組合が担って、専門知識やテクニックが入用になる場合などの一部分を委託します。

全部委託の主なメリットとデメリット

全部を委託することの利点は、ひとまとめにして管理関連の様々な事をカバーしてもらえるため、能率がいいと言えます。業務をまとめて支援しているため、マンション管理会社のテクニックや情報の量が多いこともアドバンテージです。それに加えて、受け付け窓口自体がひとつの会社に絞られるので、専門会社に対しての再委託の際も管理組合の負担が軽減されます。しかしながら、管理会社が業者に再委託する時の取り扱い手数料などコストが多くかかるところがデメリットと言えます。また、業務におきまして、重要性があまり高くない業務も契約の締結の中に組み込まれている恐れがあります。ですので、委託業務を見定める必要があります。

一部委託した場合の有利性及びウィークポイント

一部委託は、管理組合が可能な範囲で業務を行うため、全部委託と比較して求められるコストが減少することがメリットです。マンションによりましてどうしても必要な管理業務は異なるため、需要に合わせて仕事内容を選ぶことができるところも、一部委託の素晴らしい点です。しかしながら、管理組合が自発的にマンション管理に対して携わざるをえないことから、管理に関する意識が非常に高まる一方で、負担が増加することは回避できません。それに加えて、理事会の組合員が入れ替わることで、マンション管理に対する捉え方も変わることも想定されます。そうしたことから、安定感がある管理をキープすることが難しくなるケースもあります。マンションの住居者が月ごとに払っている管理費より、管理会社に対して業務の支払いが充当されています。全部委託及び一部委託は良い点と悪い点があるため、実態に応じて管理会社を選択するようにしましょう。

記事一覧